自然とつながるアートキャンプ 2017

 

White Cube Project の安齋です。

昨年、TSUNAGULATOR(つなぎゅれーたー) の皆さんと一緒に開催しました、「自然とつながるアートキャンプ」を今年も開催するために企画を進めてきました。

 

どんなイベントなのか、昨年の様子をお見せしつつ、魅力を紹介したいと思います。

 

初日

つなぎゅれーたーのお二人。

左:エマさん 右:サンディーさん

 

場所は東京都の奥多摩にある「山のふるさと村キャンプ場」

お昼に青梅線の奥多摩駅に集合し、バスでキャンプ場へ。

写真は「自然とつながるアートキャンプ」の説明や自己紹介などのオリエンテーションをしているところです。ご参加くださった皆さまと顔合わせです。

オリエンテーションの後は、広いキャンプ場を散策。

東京とは思えない豊かな自然に身を置き、各々、ゆったりとした時間を過ごします。

沢の音や、風で葉がこすれる音。草木の香りに包まれると、日常を忘れてしまいます。

 

2017のアートキャンプは、より楽しいプログラムを用意して、皆様をお待ちしております。

夜は楽しくBBQして、アウトドアディナーをしました。

野菜やお肉を炭火で焼いたり、焼きそばを作って美味しくいただきました。

もうこの時はみんなうちとけ合って、ワイワイと子供に返ったように楽しみます。

食事の後は、キャンプファイヤーを囲んでファイヤートーク。

キャンプの醍醐味ですね。ゆったりとお酒を楽しむもよし、火を眺めながらウトウトするもよし。

去年は、ミュージシャンを呼んで、即席のコンサートが行われました。

初日はこれで終了です。

テントに潜り込み、寝袋に包まれて眠りにつきます。

二日目

朝は、つなぎゅれーたーのエマさんがヨガの教室をしてくれました。

暖かいスープとパンを食べて、二日目がスタートします。

キャンプ場の朝はとても気持ちがいいです。鳥のさえずりが響き、澄んだ空気が美味しいです。

キャンプ場を少し下ると、奥多摩湖があります。

そこでWCPと一緒に絵を描く、それが二日目のイベントです。

湖畔に建てた大きなキャンバスに絵を描きます。

奥多摩に来て、キャンプして、たくさんの人と出会って、感じたこと、思ったことを

絵の具にの込めて自由に表現します。

とても楽しいイベントです。

自然を楽しみながら、普段は知り合えない人とつながり、アートを体験出来る、こんなイベントは他にございません。

 

今年の「自然とつながるアートキャンプ2017」には、ゲストに ”てとてと”さんという食をテーマに活動されているご夫婦を招き、キャンプ中のお食事をプロデュースしていただきます!

昨年からさらにパワーアップしたプログラムで皆様を迎える準備を進めております。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みは→「こくちーず」からお願いします。

 

White Cube Project 安齋でした。